バー カプリ(ホテルニューオータニ)小森谷弘氏インタビュー

5月12日から1週間の期間限定で行われたナショナルカクテルウィーク。
そのイベントに参加されたホテルニューオータニのエグゼクティブチーフバーテンダー小森谷弘氏にお話をうかがいました。

どのようなフェアを実施されましたか
ナショナルカクテルウィークの時期はちょうどバラが美しい季節で、当ホテルのローズガーデン(※ホテル会員限定で公開)でも約30種類の深紅のバラが見事に咲き誇っています。そのバラをモチーフに、オリジナルのローズ・カクテルを2種類ご用意したフェアを実施いたしました。ひとつは「Aphrodite(アフロディーテ)」というショートカクテルで、1997年に行われた第一回Takaraカクテルコンペティションの優勝作品をアレンジしたものです。もうひとつの「Rose Garden(ローズガーデン)」は、その名の通り当ホテルの開放感あふれるローズガーデンを表現したロングカクテルです。この庭をプロデュースしたイギリスのフラワーアレンジャーであるケネス・ターナー氏にちなみ、ロンドンドライジンをベースとした爽やかな味わいが特徴です。おかげさまで、どちらも女性のお客様を中心に大変ご好評をいただきました。

ナショナルカクテルウィークについてお客様の反応はいかがでしたか。
バー カプリでは年に数回カクテルフェアを実施しており、5月8日〜6月30日まで「ローズカクテルコレクション」を行っております。ちょうどナショナルカクテルウィークの期間と重なっておりましたため、両方のフェアを兼ねて実施いたしました。ナショナルカクテルウィークのサイトをご覧になられたお客様も来店いただき、ローズ・カクテルをお楽しみいただきましたことは、とても嬉しく思います。すでにナショナルカクテルウィークは終了していますが、当バーの「ローズカクテルコレクション」は引き続き行っておりますので、2種類のバラのカクテルをまだまだお楽しみいただけます。

ナショナルカクテルウィークに参加された感想はいかがですか。
全国にある街のバーやホテルバーが揃って参加するイベントというのはこれまでにないことでしたので、とても素晴らしい企画だったと思います。ホテルバーの多くは、年間を通してどのようなイベント・フェアを行うか、早い段階でスケジュールが決まってしまいます。来年に向けて早くから準備をはじめれば、もっと多くのホテルバーが参加できるのではないかと思っております。一般的には、桜の咲く春のフェアが終わると、夏のフェアまで間が空いてしまうケースが多いですから、5月のナショナルカクテルウィークはホテルバーにとっても毎年参加したいイベントになるのではないかと思います。来年はさらに多くのホテルバーが参加できることを願っております。