fbpx

マーティン・ミラーズ

マーティン・ミラーズは、ナショナルカクテルウィーク2021応援ブランドです。マーティン・ミラーズ・ジンをナショナルカクテルウィーク2021参加店の中から抽選で24店舗に進呈されます。

・マーティン・ミラーズ・ジンMartin Miller’s Gin
・容量:700ml
・アルコール度数:40%

マーティン・ミラーズ Martin Miller’s
1998年、創設者Martin Millerは、ありきたりなジンではなく納得のいくこだわりの品質を探求しようと一念発起。これがジン・ルネッサンスの始まりとなり、1999年、友人2人と共に、プレミアム・ジンが完成しました。発売以降、国内は基よりさまざまな品評会においても高評価を受け、ヨーロッパやアメリカのプロフェッショナルに認知されているブランド。

マーティン・ミラーズ・ジン 第1の核 『ボタニカル』 The Botanicals
イングランドの蒸留所にて、これらの厳選された2つのタイプのボタニカルを、それぞれ銅製のポットスティルで丁寧に成分を抽出します。
“植物系ボタニカル” = ジンの骨格を形成  ジュニパーベリー、アンゼリカ、カッシア、リコリス、ナツメグ、オリス、コリアンダー
“柑橘系ボタニカル” = 味にエッジを効かせるピール  レモン、ビターオレンジ、ライム

マーティン・ミラーズ・ジン 第2の核 『水』 The ICELANDIC WATER
蒸留後にブレンドする「水」は、マーティン・ミラーズ・ジンにとって最も大切な要素。アイスランドの首都より北60km程の所に位置するボルガネースという町のフィヨルドから採水しています。

なぜ、アイスランドの水なのか。
アイスランドで発生した大規模な火山噴火の間に帯水層が形成され、800年以上前に降った雪が氷河となり、溶けた水は数百メートルの火山性花崗岩で自然に濾過されていきます。高アルカリ性、非常に純度が高く、人工的に手を加える必要がない“LIVE WATER 活水”といわれ、非常に滑らかなプレミアム・ジンの最も重要な核として、ジンにとって大きな利点となります。完成したジンは少なくとも60%が水から出来ています。品質や味わいに大きな影響を及ぼす、とても大切な原料です。マーティン・ミラーズは、プレミアム・ジンを造るためにこの点に着目し、良質で最適なアイスランドの湧水を使用することにこだわりを持っています。